2018年3月17日土曜日

既存のミルの欠点を取り除いた軽快な挽き心地、粉が飛び散りにくいミルを考案する(6)

オリジナル設計のボディにF101の刃を組み込んだ試作品ができました。



報告までにずいぶん間が空いてしまいました。この間、何もしていなかったわけではないのですが、最終形状に近づいたこともあり、製品化前に種明かしをしたくない部分が多くなってしまいました。

今回は試作した形状の評価としたいと思います。

本体形状 

 コンマ単位での調整が必要です。事前にモックアップで検証しましたが、実際に動作させてみると、いろいろと感覚面で欲が出てくるものです。握り具合を確かめながら削ったので、微妙に段差が残っています。一度削った個体を、再度旋盤にセットするのは大変難しいです。次の個体は、これをなくした時にどうなるのかも確かめてみたいと思います。
 この段階でギリギリの寸法で作っているので、ねじ穴の深さ、位置などを動かし、あと0.1mmをどこから捻出するか、頭を悩ませています。

重さ
 0.1mmをどこから捻出するのか悩むほど、ギリギリの寸法で作っているので、それほど重くありません。女性でも手に持って使うのが億劫になるような重さではないです。

挽き心地

 今までのいかなるミルにもない圧倒的な安定感、滑らかな挽き心地、空回し時は無負荷といっても過言ではないほどのスムースな感触を実現しました。特にこの個体は、F101の刃を組み込んでいるため、豆を挽いた時も、F101の持つ滑らかな感触を引き継いでいます。豆の引っ掛かりなどは全くありません。芯の振れもないこの状態こそ、元の箱型のケースでは発揮されない、F101の刃の持つ本来の力が、100%引き出されていると言っても過言ではありません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 前回わかっていたけれどやらなかった」「やりたかったけれど、コスト面から非現実的だった」、しかし、こうしたものは実際に存在することが重要で、お金を出しても存在しないのと、たとえ非現実的な金額であっても、実際に存在するのとでは、大きく違うものと思いますといったことを書きました。

アルミのムク材から削り出した本体
刃から握り玉まで一体の継ぎ目のないステンレス回転軸
高性能ベアリングを上下に配置した回転保持部
洗いやすく、静電気の発生しにくい厚底のガラス受け皿

このミルは、純粋に持つ喜びを満足させてくれます。


この世の中のどこかにいらっしゃる、価値観を共有した人のための灯の種火が、今ここに誕生しました。

7 件のコメント:

  1. 製品化を楽しみにしています。

    返信削除
  2. はじめてコメントいたします。いままでずっとブログ記事を楽しみに読んできましたが,ついにF101の刃を組み込んだ試作品ができたとのこと,とてもわくわくします。

    ところで,最近KONOのミル(F101の刃?)に関する興味深い動画を見つけたので,既に管理人様もご覧になったことがあるかもしれませんが,もしかしたらご参考にしていただけるのではと思い,ぶしつけながらここにご紹介させていただきます。

    ●週刊フレーバー28・ランブルミルを試す 
    https://www.youtube.com/watch?v=EI6zr0R26kg
    2011年のランブルミルのレビュー動画ですが,似た性能をもつミルとしてKONOのミルについても解説があります。
    大変長いので,かいつまみますと,ランブルミルは業務用の電動ミル(R440)に比べても,引いた粉の香りが大変強く,これはKONOのミルも同様。抽出したコーヒーの香りも明らかに強く,きれいな味になる。顕微鏡でランブルミルで挽いた粉をみると,R440と比べて細胞がつぶされていない。ドリップ時に湯が入り込みやすく,ガスが抜けやすいのでドリップしやすい点で優れており,KONOのミルもランブルミルによく似た性質を持つとの解説がなされています。

    ※9:55あたりでばらしたF303の筐体が示されていますが,シャフトの太さと比較した内刃のサイズや曲線からはこちらのブログの2015年7月5日の記事で紹介されている「コーノF101(通常モデル)」の刃であるように見えます。

    その他,時間経過とともに要点を箇条書きしておきます。
    8:35 ランブルミルで挽いた粉はR440で挽いた粉が香りがしないと思うほど濃い香りがする。
    10分 KONOミルの構造
    15:25 KONOミルで挽いた豆はランブルのものと同じくらい香りが強い。
    16分 KONOミルの手裏剣型内刃やシャフト2点支持構造の解説
    20分 みるっこの刃の構造
    01:03:30~ 顕微鏡でみるとR440で挽いた粉は細胞の空洞がつぶされているが,ランブルミルは断面の空洞が見える。湯を差していてガスの抜けが早い感じ。
    1:07:30~ ランブルミルはいれたコーヒーの香りもすごく強い。コーヒーに厚みがある。コーヒーの味がすごくきれい。この段階では微粉も少なくものすごくコーヒーはたてやすい。
    1:10:10 コーノのミルとランブルミルは共通点が多い。

    以上です。こちらのコーヒー店主は,基本的に粗挽き粉をペーパードリップで抽出する方なので,レビューも基本的にその観点からなされていることに留意する必要がありますが,個人的にとてもおもしろかったです。それから,2点支持・手裏剣型内刃の手挽きミルの再販を熱望されているブログ記事を書いているような方なので,もし管理人様が試作品について,味や香りの観点からフィードバックをお求めになるとしたら,喜んで協力してくださるのではないかと勝手ながら想像してしまいました。

    以上,長々と大変ぶしつけながらこれで失礼します。

    返信削除
  3. codgetと申します。


    いつも更新を楽しみにしております。
    新しいコーヒーミルが完成するのが、とっても楽しみです!


    私は様々な手挽きコーヒーミルをドリルドライバーで回す、「コーヒードリリング」というアクティビティにはまっており、コーヒーミルとドリルドライバーを繋ぐアダプターなど開発し販売しています。

    http://jp.codget.com

    新しいコーヒーミルも、手挽きだけでなくドリルドライバーで回せる構造だと嬉しいです♪


    過去の記事にあった、スタビライザーと似た様なものを最近開発しました。
    (こんなの http://jp.codget.com/page-81/page-193/page-252/)

    私の方は、ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンにセットすることで、内歯を上下で安定させる構造です。
    記事で書かれているとおり、粗挽きだと粒度の安定におおきな差が出てきますね!
    最近はもっぱらこの組み合わせでコーヒーを淹れています♪


    コーヒーミルは奥深くてとっても面白いですね!


    codget

    返信削除
  4. いつもこれで挽いたものを美味しく飲ませてもらっている者です
    製品化がとても楽しみになるミルですね
    これからも美味しい珈琲を飲みながら、頑張って下さいね

    返信削除
  5. Lukrezia Noinさま
    ときどき読者さま
    codgetさま
    柚子蜜柑さま

    大変ご丁寧なコメントを頂戴していたにもかかわらず、返事もせず申し訳ありません。信じられないかもしれませんが、つい先ほど、コメントに気が付きました。せっかく素敵なコメントを頂戴していたにも関わらず、大変申し訳ないことを致しました。取り急ぎお詫びと、気が付いた旨の返信をさせていただきます。

    Lukrezia Noinさま

    必ず、販売を致します。ただいま、さらなる形状の最適化を行っております。超一流の機械加工職人とコスト削減に向けて知恵を出し合っています。ひとつは加工のしやすさ、もうひとつはカッコよさを追求した形状です。どうぞ、御期待下さい。

    ときどき読者さま

    動画拝見しました。機構はF301~303のものですが、確かにF101の刃です。一度に引き込む量が少ないと香りが高くなるとのこと。理由はわかりませんが、実際にはそうなっているようですね。私の作るミルも、一度に引き込む量は少ないので、香りが高くなるかもしれません。
    動画の方、なんと「2点支持・手裏剣型内刃の手挽きミルの再販を熱望されているブログ記事を書いているような方」なのですね。名古屋は遠いですが、一度お会いしてみたいです。

    codgetさま

    手挽きコーヒーミルをドリルドライバーで回す、「コーヒードリリング」ですか。
    私も考えたことがありましたが、実際に作っている方がいらっしゃったとは!品質も大変良いようで、うれしいですね。
    残念ながら、今回試作したミルはハンドルに継ぎ目がないのでドライバーを取りつけると、回転半径が大きくなりすぎ使えません。上手くいかないものですね。

    「ハリオコーヒーミル用 粒度均一化プレート CMMU-H1」拝見しました。
    素晴らしい製品ですね。効果の大きさと、品質の高さ、そしてなにより手軽さが良いです。
    私も手軽な製品を考えたいと思います。


    柚子蜜柑さま

    コメント、ありがとうございます。先ほど柚子蜜柑さまのおかげで、皆様からのコメントに気が付きました。
    柚子蜜柑さまがこのミルを楽しんくださることは、大変励みになっております(笑)
    また、過日は本ブログにもご登場いただきありがとうございました。
    ぜひ、ミルの完成にご協力いただくべく勉学に励み、私の切なる願いを叶えてくださいませ。

    返信削除
  6. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  7. ※地名の間違いとリンク先URLの訂正のため,いったん投稿を削除して再投稿しました。

    管理人様

    返信いただきありがとうございます。デザインの練り上げの作業はコストとの兼ね合いもあってとても難しいことと思いますが,無力ながら大変楽しみにしております。

    ●コーノの手裏剣型の刃の香りの強さの理由について
     動画内でフレーバーコーヒーの中川さんは,「ランブルミルで挽いた豆を顕微鏡で見ると細胞の空洞がつぶれていない」という趣旨の発言をしておられますが,コーノの手裏剣刃も同様だと仮定すると,素人ながら以下のような理由によるのではないかと考えています。

    ・[らせん形の内刃の場合]:内刃と外刃の隙間にはさまった豆に対して,両方の刃がすれ違いながらぶつかるように力が働くので,車の衝突試験でいうオフセット衝突(車体が大きくひずむ)に類似した現象が起き,豆の細胞は歪みながらすり潰される。

    ・[手裏剣型の内刃の場合]:手裏剣の突起が豆を外刃の面に対して,相対的に直角に近い角度で押し付けるので,フルラップ衝突(車体が均等に圧縮され,ひずみは少ない)に類似した現象が起き,豆の細胞の歪みは少ないまま挽くことができ,香りや炭酸ガスが放出しやすく,抽出もしやすい。

     私もコーノの同じ刃の機種を複数所有していますが,確かに粉の香りの強さや味は他のミルとは一線を画すほど違うと感じます。一方で,部品精度の甘さや,内刃と外刃の両方とも最下段がギザギザになっていることが,粒度の均一性や,細引きの細かさを追求する上で限界となっているようにも感じます。管理人様の作品がコーノを超えるものとなるよう,勝手ながら期待しております。

    ●フレーバーコーヒーの中川さんについて 
     中川さんは,業界内に教え子も多い知る人ぞ知るといった方ですが,自らコーヒー関連器具の製作販売も行うなどモノづくりへの理解も深い方です。他人の試作品を買い取った上でテスト・フィードバックをしている動画もあるので,もし管理人様がそういった趣旨でコンタクトをお取りなるならきっと歓迎してくださると思います(私自身は動画で沢山の学びを得たことを勝手に恩義に感じている視聴者にすぎず,ご本人との面識は全くないので軽はずみなことは言えませんが)。なお,日付が近いですが,中川さんは8月20日に東京浅草橋でコーヒー抽出のセミナーを開かれるそうです(ゲイシャの豆を含む器具類もセットなので,結構なお値段ですが。)
     
    http://directfireroast-tamaki.jp/?p=14962

    ちなみに,お店の常連や動画視聴者の方の中にはコーノミルの愛用者も複数おられて,ときどき動画内で話題に上がるので,管理人様の作品に興味を持つ方もきっとおられると思います。もっとも,フィードバック云々は管理人様が判断されることですので,私としては決して押し付けるような気はありません。

    ところで,既に御存じかもしれませんが,近年海外では高性能手挽きミルが続々発売され,売行きも好調のようです。もし管理人様がデザインの参考といった点で興味がおありでしたら,コメント欄で紹介させていただくこともできますので,おっしゃってください。御興味がなければ,この点は読み過ごしていただければ幸いです。

    それでは,失礼します。

    返信削除